top of page

年末のご挨拶

年末のご挨拶

いつも我々の活動に心を寄せていただき、ありがとうございます。 代表の宮﨑です。


あと数時間で2022年が終わりますね。

2022年のMother Treeは、法人化2年目となったものの、まだまだ運営はバタついています。


それでも、小さな子どもを育てているママやパパたちの声をできるだけ丁寧にうかがいながら、亀の歩で進んできました。



2022年の活動

・さんさんファミリーサポート

(訪問型子育てサポート)の本格始動(1月から12月まで)  訪問件数112件、サポート総時間243.5時間


・発達が気になる子どもの親子サークル始動!  発達サークル「モイモイ」5回開催   参加者のべ 親子30人


・発達が気になる親子のためのひろば「はぐはぐ」  12回(月1回)開催  ※ ふくしま信陵子育て支援センターとの協働開催


・多胎支援「ふたごひろば」10回開催  参加者延べ 親子119人  ※子育て応援団さんとの共催


・ポジティブディシプリンプログラム

(力によらない子どものしつけを学ぶ18時間講座)開催


・対面の子育て相談 51件  (対面後LINE無料相談DEフォローアップ)


・子育て支援者の養成と継続教育  ①さんさんファミリーサポートサポーター養成講座   ②多胎ピアサポーター養成講座


・素箱マルシェ  12回(月1回)開催



他、養成講座講師や短期大学での講座、地域の委員会の委員、小学校での「命の授業」では、地域の子育て支援の現状や課題を伝える活動と子どもの権利を守る活動にも関わらせて頂きました。


地域の子ども食堂ネットサークさんやこどもカフェたまごさん、農家さん、森のキッチンさんからのご協力やご寄付でいただいた食材を、つながりのあるご家庭に届ける活動も少しづつではありますが行わせていただいています。


今年も、コロナ禍の継続によって、どのように活動したらいいのか、戸惑いながらの運営でしたが、沢山の方に支えられて、アドバイスをいただき、昨年よりもより多くの養育者の皆さんに出逢い、沢山のご家庭に訪問させていただくことができました。


来年は、今行っている活動を継続していくこと、妊娠中のご家庭からのつながりを強化していくこと、そして何より、対象を限定しない誰でも参加できる子育てがもっと楽しく、ワクワクするような企画をもっともっと増やしていきたいです。


同じ家庭は1つもなく。

きっと悩みや課題がない家庭もないと思います。

病院勤務の頃は、家庭の中何かに問題があると探していたように思います。しかし、地域で様々なご家庭でお話をうかがっていると、家庭の中の課題を誰かの問題にしても何の解決にもならないことを実感します。

だからMotherTreeは、問題探しをするのではなく、そのご家庭がよりよく、楽しく生活していくヒントを一緒に探し、共に考えられる活動を何よりも大切にしてそれぞれのご家庭に向き合っていきたいと思っています。


私たちにつながってくださった皆さん、 私たちを応援し、支えてくださっている地域団体や行政、教育機関の皆さん、企業さん、 私たちの活動に参加し共に走ってくれるサポーターさん、ボランティアさん、各事業のリーダーのみんな、運営チームのみんな。

いつもありがとうございます。


2023年も、もっとチャレンジングでアグレッシブな1年にしていきたいと思います。どうぞこれまで通りのお付き合いをよろしくお願いします

年末年始、どうぞご自愛くださいね。




Comentários


bottom of page